« 福岡市地下鉄空港線・箱崎線の新型車両は川崎車両製! | トップページ | さらば、502番!14年の歴史に幕 »

2022年2月15日 (火)

西鉄バス、曲渕から撤退!福岡市が代替バス運行事業者公募へ

※2023年現在運行されている「曲渕線乗合タクシー」最新の情報はこちらからご確認ください。

※2022年8月27日更新:福岡市地域公共交通会議にて、飯倉タクシーによる詳細な運行計画が公表されました。

西鉄バスの3番脇山支線のうち、早良営業所から曲渕へ運行されている系統は、国道263号を山に向かって9.3km走破する系統であり、福岡市内では風情溢れる路線の一つです。

現在は中型バスで運行されていますが、2022年10月からこの路線をハイエース型の車両に切り変えて運行する事業者を公募することが、福岡市より発表されました。つまり、西鉄バスは撤退することになります。

福岡市の計画によると、従来の系統に加え、新たに内野小学校前、唐の原(湧水の郷千石の下にある集落)、飯場、野河内渓谷入口にも乗り入れる系統を新設するとのことです。

04
※図は福岡市の事業者公募資料より転載

「野河内渓谷入口」は、かつて博多駅、藤崎から出ていた昭和バス野河内線の終点「野河内」のすぐそばであり、約18年ぶりの路線バス復活となります。

運賃はどうなるのでしょうか。早良営業所~曲渕間の運賃は、300円となり、現行よりも60円安くなります。一方で西鉄バスのネットワークからは切り離されるため、エコルカードやグランドパス65、福岡市内フリー乗車券、nimocaの乗り継ぎ割引などは使えなくなることになります。

福岡市内では、今宿地区の「なぎさ号」に次ぐ代替バス第2号となります。より地域に密着した運営となることが期待されます。どうせなら、飯場から日向峠を越えて糸島へ、野河内から三瀬峠を越えてどんぐり村へ…なんて思うのは私だけでしょうか(笑)

« 福岡市地下鉄空港線・箱崎線の新型車両は川崎車両製! | トップページ | さらば、502番!14年の歴史に幕 »

コメント

20年ぶり位に西鉄バスで曲渕へ行ってみようかなとバス検索したものの、時刻表でヒットしない…。
おかしいなぁと調べだしたら此方でワケを知ることが出来ました。
どうも有難うございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡市地下鉄空港線・箱崎線の新型車両は川崎車両製! | トップページ | さらば、502番!14年の歴史に幕 »