フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

旅行・地域

2016年11月 1日 (火)

東部市場跡地、大和リースが開発へ

福岡市は、国道3号線沿いの東部市場跡地(22,327㎡)の事業提案公募の事業予定者が大和リースに決定したと発表しました。
 
福岡市発表の資料によると、大和リースは複合商業施設、医療モール、コミュニティスペースを提案したとのことです。
Daiwa1
福岡市東部市場跡地事業者評価・選定委員会(委員長:志賀勉・九大人間環境学研究院准教授)によると、大和リースは
・地域等との「交流」を事業コンセプトの主要なテーマの一つに掲げる
・自社の施設で活動しているNPO法人が地域との連携を積極的に行うことで地域活動を活性化
・地域活動の受け皿となるコミュニティスペース、広場空間をオープンモールの中心に設ける
という提案をしたようです。委員会は、「ソフト・ハード両面で、他の提案にはない意欲的な提案」と高く評価しました。
跡地は2017年1月、約21億円で引き渡しされるそうです。
 
【参考】事業提案公募とは
福岡市有地を民間事業者に売却する際、土地価格だけでなく提案内容も評価の対象にするものです。他にもアイランドシティで以下の4計画があります。
・西鉄の分譲マンション(280戸):2018年度完成予定
・積水ハウス・福岡商事・西部ガス興商の賃貸マンション(194戸)・医療・文化・交流施設:2020年度完成予定
・積水ハウス・福岡商事・西部ガス興商の分譲マンション(280戸×2棟)・商業施設:2023年度完成予定
・ジョーンズ ラング ラサールの商業施設・ホテル(400室):2019年度完成予定
 
【参考】西部市場跡地・青果市場跡地の現状
西部市場跡地・・・一部を公園、市場の中継所として整備し、残りを公募(【追記】2016年12月の資料では、17年1月公募開始とのこと。なお、一部は市場の代替となる中継所や公園、道路拡幅のほか、旧202号沿いの松原交番の移転用地としても利用される)
青果市場(博多区)・・・地域代表・有識者からなる「青果市場跡地まちづくり構想委員会」と市が調整し、「まちづくり構想」を制定後売却へ。地元住民も「青果市場跡地まちづくり協議会」を組織

2016年8月31日 (水)

笹丘にイオンスタイル福岡1号店

福岡市中央区のイオン笹丘店が9月10日「イオンスタイル笹丘」としてグランドオープンすることが発表されました。(資料
 
「イオンスタイル」とは、イオンが従来のスーパーのイメージを打ち破るべく改装した店舗のブランドで、本州ではすでに多数オープンしています。九州では熊本店が被災からの再開を機に「イオンスタイル」としてリニューアルされました。
 
笹丘店も周辺に多く居住する30~40代のファミリー層を意識しています。地下の食品ゾーンは鮮魚売場をサークル状にし、また惣菜売場は店内調理にこだわるなど、客との対話を重視した空間になっています。またナチュラル志向の高まりを踏まえてオーガニック化粧品を充実させるほか、長丘に本店を置くオーガニック食品店「natural natural」を新規オープンさせます。またファッションのゾーンでもメンズ向けやキャリアウーマン向けの上質な商品を提案します。
 
近年、総合スーパーの食品以外の部門は苦戦気味だと言われています。天神・博多駅などの中心部への商業集積が加速している福岡では特に顕著かもしれません。今回の改装も都市型店舗への対抗心が見て取れます。一方で新規にオープンする専門店は郊外型店舗や地元チェーンが中心で、既存のスーパーのテナントの域を脱していないようにも思えます。果たしてどこまで周辺住民に訴求することができるのでしょうか。
 
また、福岡市内の他のイオンの動向も注目です。2015年にダイエー店舗を譲受して市内のイオンは9店舗となりましたが、そのうち元ダイエーの西新店が2016年5月末に閉店しました。笹丘店もダイエーから譲渡された店舗です。引き続き店舗網の整理や改装が行われることが予想される中、2005年に閉店したダイエー店舗跡に出店した原店の土地建物の所有者が変わることも発表されました(資料)。西新店の再開発も含め、中心部「以外」の大型小売店も目が離せない状況が続きそうです。

2016年7月28日 (木)

四箇田団地に地域交流センター

福岡市は、早良区地域交流センター(仮称)を四箇田団地に建設する基本構想を策定しました。
以下、福岡市HPの資料を要約・補足したものです。
 
地域交流センターは、各区に1つ設置されている市民センターを補完するもので、すでに博多区の雑餉隈、東区の福工大前、西区の九大学研都市に整備されている。早良区中南部は藤崎の市民センターから遠いにもかかわらず、地域交流センターは未整備となっていた。
 
早良区地域交流センターは、もともと七隈線沿線まちづくりの一環として野芥に整備する計画であったが、用地取得が困難なため検討範囲を広げた結果、四箇田団地を再開発する予定のURから申し出があり、四箇田団地が対象として選ばれたのだという。
 
四箇田団地周辺は高齢化が進んでおり、2010年時点で高齢化率は21%に達している。さらに早良区では近年市外からの人口流入が増加しており、「多世代の人々が活動・交流できる環境」「新たな住民が地域のコミュニティに参加するきっかけ」が必要とされているようだ。
 
また、早良区では1960年代から70年代に建築された住宅の割合が比較的高く、市は「昔からの住民同士のコミュニティが維持されている地域が残っている」と分析。持ち家の割合も約45%と高いため、「流入した住民は定住する傾向にある」と考えているようで、「より良好な地域コミュニティの形成・維持のための仕組み」のニーズがある模様だ。
 
他にも、周辺で盛んな農林業との連携、早良区中南部で活発な文化・芸能活動の更なる活性化などの役割が期待されているという。
 
早良区地域交流センターの特徴は以下の通り
・多目的ホール、会議室、市民ロビー、チャイルドルームなどの機能を充実
・早良区中南部で盛んな和太鼓などの練習に利用できる防音仕様の練習室を整備
・早良体育館(1995年開館)が近接するため、体育部門は導入しない
・既存3館同様、図書館も整備。開館当初の蔵書数は約6万冊程度
・鉄道駅から遠く、また早良体育館でも駐車場が不足しているため、同館と相互利用できるよう駐車場・駐輪場を相当台数確保。歩車分離で歩行者の安全も確保
 
自家用車でのアクセスを念頭に置いているようだが、交通アクセスの強化に向け、交通事業者(西鉄)とも協議を行うとのこと。四箇田団地は、市民センターがある藤崎からのバスは多いものの、藤崎へのアクセスが不便な早良街道からのバスが少ないため、強化が検討されるポイントはそのあたりだろう。
 
今回はURの再開発と一体的に整備されるため、順調に進みそうであるが、七隈線利用者増のためにも、野芥地区の活性化は引き続き検討されそうでもある。
Photo_3
Photo_4
 

2013年4月29日 (月)

壱岐団地

1367236973755.jpg
ワイドマート ディスカウント ドラッグ 壱岐団地店。大河原のバス停前にあります。
もともとはサニー壱岐団地店でした。その後、(軍艦マーチでおなじみ)ハイマートかどた野方店となった後、4月25日に新しくオープンしました。
壱岐団地の建物と一体化しているので、コンクリのガッシリした造りの店舗です。

マックスバリュは「ザ•ビッグ」というディスカウントを板付などでやっていますが、こちらはイオン九州が運営しています。
ワイドマートという屋号はもともとホームセンターのホームワイドが使っていました。
ホームワイドと合併したイオン九州が、ディスカウント業態としてこれを冠した店を出し始めたのですが、この度福岡初出店。

つまり、ホームワイドの派生店舗ではありますが、
内容はホームセンターとは無縁です。
電気小物など非食品系が充実してるのは事実ですが、無論DIYはありません。
コスモスに肉と野菜を付け足した感じです。惣菜コーナーはありません。野菜つきローソンにも近いかな。

近くには木の葉モール橋本(サンリブ)やミスターマックス(ハローデイ)がありますが、どうでしょうか。
かといってこの店が成功したとして、大河原付近の渋滞が酷くなるのも気になりますが。


1367236977060.jpg
3年前に再整備された壱岐団地中央公園。

1367236978958.jpg
そのすぐそばに、西鉄壱岐営業所はあります。
地名的にはバス停名の通り、「野方」にあります。
ご覧の通り、すっかり生まれ変わりました。しかもコンビニ付き。

1367236982152.jpg
どの営業所よりもバスが見やすくなったのは、ファン向けのサービスでしょうか。

1367236984292.jpg
7009はロゴをシール貼りしていることもよくわかります。

2010年12月13日 (月)

日赤前

今年の梅雨。去年バスに乗りすぎたせいか、今年は極貧状態になり、バスに乗るお金もあまりありませんでした。そんな中、三宅本町やらいろいろ行ったあげく、帰るのに使うお金がない!という状態になることも。そういうときは、歩きます。この日は日赤通りをしばし歩く。

Photo

日赤が新しい建物を建てているようです。あれから半年、今はどのくらい完成したでしょうか。

そういえば、大分前も日赤前のバス停の写真を載っけましたが、今回は南行きです。

Photo_2

って、えっ?

右側のバス停に貼ってあるnimocaのステッカーは車内に貼るやつですよね。。

Photo_3

「材」「倉」の字がいい味出してます。さすがにVistaでも出ないような字です。「縣」は出ますが。

2010年5月21日 (金)

室見が丘とみどりが丘

室見が丘とみどりが丘。なんか絵本の題名みたいですね。

4月24日、まず460円分バスに乗りましたが、途中でホリデーアクトパスを忘れたことに気づく。仕方なくnimocaで乗りました。アホ。

その途中で、4822が臨時でもないのに201番で運用されているのを見ました。どうやら博多駅系統メインのようで、502番には入らなかったようです。

家に帰りちと休憩すると、早速ホリデーアクトパスを持って出発!4822を追っかける。そして何とか金武営業所行きに乗車。

ふそう車特有のエンジン音にうっとりしながら、原通りを南下。途中で2番を追い越しました。

四箇田団地を通過し第三駐車場を見ると、二日市で活躍し運用離脱した日野の中型車が留置されていました。

やがて金武営業所に到着。

そして、次に4822が博多駅へ向けて出発するまでの間、室見が丘をうろうろしました。

1

田舎の中にポツンとあるような感じの室見が丘。こんな景色も楽しめます。

2

このスジにバスは通っていますが、この部分には通っていません。ただしマイカーは結構通ります。

やがて4822がやってくる時間に。普通に撮るのではつまらないので、こんな撮り方をしてみました。

P1020543

バスは右折するので、ひかれる心配はありません(笑)

24日は、560円分乗車。

総計 42560円

ホリデーアクトパスを利用して乗車した分のみ含めています。

25日は、何かを求めてブラッとバスに乗ってしまいました。

天神大和証券前→1吉塚→千代町 180円
千代町→75みどりが丘団地入口→みどりが丘団地入口 420円
名子→72大濠公園→天神郵便局前 490円
天神ソラリアステージ前→503野方→室住団地 300円

その他 480円

この日の合計 1870円

総計 44430円

Photo

みどりが丘にあった池。

2_2

Photo_2

みどりが丘から見た景色。

近くを新幹線が通っており、新幹線車両をバックに撮影しようと試みたものの失敗。

室見が丘とみどりが丘、どちらもニュータウンですが性格が違います。ただ、撮影に適しているという共通点があります。

2010年3月13日 (土)

新宮中央駅

今日開業した新宮中央駅に行ってきました。

Photo

駅舎は大きな窓ガラスが多いです。開発中の周辺がよく見えます。

老若男女問わず多くの地元住民が「見学」に来ており、私と同じポジションで撮影する人もいました。

Photo_2

このような庭園もあります。芝生には点滴のように常時水が供給されており、1階の芝生と水が循環するような構造になっているらしいです。

Photo_3

西口の全景です。

_____

ホリデーアクトパスの利用記録です。

27日は、

福岡タワー南口→305藤崎→藤崎 160円

その他 570円

この日の合計 730円

総計 23200円

遠回りながらも、204番タワー行きに乗車しました。私が乗った便は、荒江四角から200番タワー行きと全く同じ時刻で走り(この時刻表を見ると分かると思います)、この日は200番の後ろに204番が来てしまいました。オープン戦がドームで開催されるため天神からは混雑し、204(305)番は200(305)番の続行便のような状態になり、車内が閑散となることはありませんでした。

しかし、終点間際での追い越しはありませんでした(以前この便に乗った時は医師会館あたりから前方の200(305)番や306番、4番などを次々と追い越して行ったんですけどね)。 

2010年3月 8日 (月)

原通り

Photo

これですね。結構あちこちに立ってるみたいです。

この愛称が昨年公募されたことを知らない人は、これを見てどう思うでしょうか。

Photo_2

こちらは昨日62番の車内から撮影しました。分かりづらいですが、「みやけ通り」もちゃっかり立っています。

通町・愛宕を旅した際に「下山門通り」と「愛宕通り」も立っているのを確認しました。

この愛称が浸透しますように…

2009年11月27日 (金)

セブン-イレブン福岡原5丁目店

今日午前7時前、早良区原にセブン-イレブン福岡原5丁目店がオープンした。

早朝にもかかわらず多くの客が詰め掛け、店内は朝食を買う周辺住民でにぎわった。

開店セールも行われている。今日から29日まで、おにぎり・サンドイッチ・弁当・調理麺・サラダ・スパゲティ・焼そば各種などが50円引となる。

P1020220

オープン直後の様子。

原四丁目バス停近く。

2009年11月 6日 (金)

ロイヤル跡地にできるのは

明日から試験休みです。

ロイヤルホスト原店の跡地に、五右衛門と俵屋が11月13日オープンする。

原地区は、近年飲食店の入れ替わりが激しく、くら寿司やお好み焼き本舗などの新進チェーン店が次々進出している。

それに既存店が打撃を受け、閉店し、その跡地に新しい飲食店が出店する。その連鎖が繰り返されるかもしれない。

五右衛門は「箸で食べるスパゲッティー」で有名で、大型のパスタ店がない原地区には受けると思うが、となると細い道沿いにある1978年創業の「英」が打撃を受けるだろう。

俵屋はハンバーグ&ステーキ店で、同じハンバーグ店のびっくりドンキー原店も警戒している。事実、びっくりドンキー原店は先日、建物にロゴマークを追加する工事を施した。

原地区には「低価格でないと受けない」という見方もある。ガストはにぎわい、ロイヤルホストが閉店したことがそれを表しているのだろう。

より以前の記事一覧