フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 笹丘にイオンスタイル福岡1号店 | トップページ | 博多せんしょうに「業務スーパー」出店か? »

2016年11月 1日 (火)

東部市場跡地、大和リースが開発へ

福岡市は、国道3号線沿いの東部市場跡地(22,327㎡)の事業提案公募の事業予定者が大和リースに決定したと発表しました。
 
福岡市発表の資料によると、大和リースは複合商業施設、医療モール、コミュニティスペースを提案したとのことです。
Daiwa1
福岡市東部市場跡地事業者評価・選定委員会(委員長:志賀勉・九大人間環境学研究院准教授)によると、大和リースは
・地域等との「交流」を事業コンセプトの主要なテーマの一つに掲げる
・自社の施設で活動しているNPO法人が地域との連携を積極的に行うことで地域活動を活性化
・地域活動の受け皿となるコミュニティスペース、広場空間をオープンモールの中心に設ける
という提案をしたようです。委員会は、「ソフト・ハード両面で、他の提案にはない意欲的な提案」と高く評価しました。
跡地は2017年1月、約21億円で引き渡しされるそうです。
 
【参考】事業提案公募とは
福岡市有地を民間事業者に売却する際、土地価格だけでなく提案内容も評価の対象にするものです。他にもアイランドシティで以下の4計画があります。
・西鉄の分譲マンション(280戸):2018年度完成予定
・積水ハウス・福岡商事・西部ガス興商の賃貸マンション(194戸)・医療・文化・交流施設:2020年度完成予定
・積水ハウス・福岡商事・西部ガス興商の分譲マンション(280戸×2棟)・商業施設:2023年度完成予定
・ジョーンズ ラング ラサールの商業施設・ホテル(400室):2019年度完成予定
 
【参考】西部市場跡地・青果市場跡地の現状
西部市場跡地・・・一部を公園、市場の中継所として整備し、残りを公募(【追記】2016年12月の資料では、17年1月公募開始とのこと。なお、一部は市場の代替となる中継所や公園、道路拡幅のほか、旧202号沿いの松原交番の移転用地としても利用される)(【再追記】2017年6月、白十字病院に売却することが発表されました
青果市場(博多区)・・・地域代表・有識者からなる「青果市場跡地まちづくり構想委員会」と市が調整し、「まちづくり構想」を制定後売却へ。地元住民も「青果市場跡地まちづくり協議会」を組織

« 笹丘にイオンスタイル福岡1号店 | トップページ | 博多せんしょうに「業務スーパー」出店か? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174376/68199580

この記事へのトラックバック一覧です: 東部市場跡地、大和リースが開発へ:

« 笹丘にイオンスタイル福岡1号店 | トップページ | 博多せんしょうに「業務スーパー」出店か? »