フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 100円バスV | トップページ | 祝 100000アクセス »

2011年4月 9日 (土)

100円バスVI

(つづき)

小倉の100円バスを取り上げておきながら、あのバス停を取り上げないわけにはいかないでしょう。

Photo

小倉のど真ん中の○バス停!銀天街入口!100円バス専用ながら黄色に塗られていない!

2

時刻表は手作りのものを使用。しかし路線図がなぜか2つ。

これは3月30日に撮影したものですがご覧の通り廃止の告知がありません。

小倉の100円バスシリーズ、これにて完結。6記事に渡ってお送りしてきました。閲覧ありがとうございました。

« 100円バスV | トップページ | 祝 100000アクセス »

バス」カテゴリの記事

コメント

なるほど、春休みの間は、小倉の「取材」に行かれたのですね。

100円周遊バス、私もかつて、小倉で就職活動の時にはよく利用していました。
とくに小倉北区役所へ行くのに、とても重宝していたものです。
また、普通の路線ではなかなかいかないところを通っていたので、私としては「小回りのきく路線」でもありました。

で、この当時は結構乗客は多かったんですよね。
ところが、周遊バス沿線周辺にいろんな系統ができてからは利用者も減り続け、とうとう「役目を終えた」という訳ですね。…残念です。


ところで廃止と言えば、博多駅~福岡空港国際線を結ぶシャトルバス、
「今日4月10日をもって廃止です!!」

実はこれ、今の時点で、西鉄のホームページにもリリースが出ていないんですよ(時刻検索では変更がなされていましたがね)。
ではどこで見つけたのか…福岡空港ビルディング株式会社のトップページです(しかし、ちょこっとしか書かれていないという…)。

まあ、何ともさびしい廃止ですね~。しかも予定よりひと月も早く…合掌

ひろしさん、こんにちは。
100円周遊バス、最初は利用多かったんですか。
周辺にいろんな系統ができて、利用者が減少とは珍しいケースのように思えます。
やはり、福岡と小倉は違いますね。

博多駅~福岡空港線、ひろしさんのコメントを読んで今日さっそく乗ってまいりました。
車内の告知によると、運行開始当初よりも利用が少なく、さらにこのたびの震災の影響で「出控え」と「海外からのお客様の減少」により、どうのこうのと書いてありました。
私が乗った便はたったの3人。無駄な運行は確かに燃料の無駄遣いですから、ある意味賢明な判断かもしれません。

とはいえ、福岡の玄関口と市の中心部をダイレクトで結ぶバスがないのは問題があるような気がしますから、41番を立ち寄らせるみたい感じで、うまく市内路線に組み込ませんかね?

660番も今日で廃止ですね。…合掌

>博多駅~福岡空港線
そうですか、やはり震災の影響でしたか…。
しかし実際のところ、今回においても数年前に運行されていた時も、実質的な乗客数は一桁にとどまっていましたから、やはりこの系統自体が本当に必要なものであったのかが問われるところですね…。

とはいえ、確かに全く便がないのもどうかと思うので、41・43番を立ち寄らせるお考えには全くもって同感です。
ルート上においても無理なく立ち寄れると思います。

ちなみに、私には国際線ビルで働いている友達がおり、よくそこに行くのですが、平日はそれこそゴーストタウン状態…。
空きテナントも結構多いです。
営業中のテナントも、時と場合によっては、閉店時間を繰り上げることもあるようで、その時はその友達と夕食をともにするんですが、最近はその回数が増えたような…?(笑)


>660番
そうなんです。よくご存知ですね!(もしかしたら、博多バスターミナルでチェックされたとか!?)
実はこの便も、他の600番台とは違い、実質的な乗客数は一桁にとどまっていましたからね~。
斬新な取り組みとは思っていたんですが、震災の影響のほか、周知不足がたたったようで、本当に残念です。
まあ、那珂川~博多駅系統においては、47番のほか、48・48-1番が最早主力となっており、今後はこれらをさらに充実させる方向にもっていくのかもしれません。
(平日朝夕以外はダイヤの乱れも少ないですし、現に今季の改正でも増便になりました。)

ひろしさん、こんばんは。
今日もコメントありがとうございます。

福岡空港の国際線ターミナル、私も行きましたが、やはり淋しいムードが漂ってました。震災の影響もあると思いますが。
せっかくキレイな建物なのに。
まあ、博多港国際ターミナルも普段から閑散とした感じですけどね。

660番廃止の件は某掲示板で知りました。
660番にも乗りたかったんですが、叶わず……です。
博多駅への鉄道に恵まれていないみやけ通りエリア、バス網の充実は必須ですね。
大橋線・福翔線にはぜひ今後も頑張ってもらいたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174376/39548584

この記事へのトラックバック一覧です: 100円バスVI:

» 100円バスに乗る [天竺堂通信]
   青いバスがやって来た。全体に波の模様がデザインされ、側面にカッパが描いてある。  同行の息子(現時点2歳7カ月)は「バスだ!バスだ!」と興奮気味。“はたらくくるま ... [続きを読む]

« 100円バスV | トップページ | 祝 100000アクセス »