フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 結局何だったの? | トップページ | 11月も終わり »

2010年11月19日 (金)

原団地

11月初めての更新?

さて、今日「原団地」の室住団地・野方・四箇田団地・金武営業所方面バス停を見たところ、行燈が「原団地」になっていました。

↑変な文章ですが、つい最近までこの行燈は「原団地前」だったんです。

「原団地」のバス停は、にしてつ時刻表では「原団地」として登録されています。「原団地前」と検索しても出てきません。ところが、行燈や配布されている路線図、車内アナウンスでは「原団地前」として案内されています。ですから、利用者の中にはこのバス停を「原団地前」として認識されている方も多いはずです。ところが、にしてつ時刻表で「原団地前」と検索しても出てきません。

そもそも、「原団地」のバス停は、原団地からは結構離れたところにあります。原団地は、福岡市内のURの団地の中では、規模の割にバス停に恵まれていない団地だと思います。室住団地は目の前にロータリーがありますし、四箇田団地だって、星の原団地だって、金山団地だって、若久団地だって、団地のまん前あるいは中にバスが乗り入れてくれます。荒江団地については、団地の中心部を別府橋通りが貫いています。原団地でも、場所によっては南庄二丁目が近かったり、室見三丁目が近かったりするわけです。

また、「原団地」の藤崎・天神・博多駅方面バス停と室住団地・野方・四箇田団地・金武営業所バス停は、間に「原団地入口」交差点を挟んでいます。ですので、このバス停は「原団地入口」に改称したらどうでしょう?

なぜ、行燈が原団地前から原団地に戻ったのか?10年くらい前までは、車内アナウンスは「原団地」と言っていたような気がするし、壱岐営業所の運賃モニターは今でも「原団地」のままです。では、なぜ今「原団地」にするのか?これは、今度からバス停の表記はにしてつ時刻表の表記に統一!という流れからなんでしょうか。「四箇田団地入口」はにしてつ時刻表では「四箇田団地口」になっていますが、実は四箇田団地の行燈が最近新しくなったとき、「次は→」の部分が「四箇田団地口」に変わったんです。このことからも、「にしてつ時刻表の表記に統一」という流れになってきていることが読み取れそうです。

バス停の行燈の表記と、にしてつ時刻表の表記を統一するのは歓迎すべきですが、にしてつ時刻表の表記の中には「???」という感じのものもあるので、ちょっと微妙なところです。

ちなみに、「原団地」のバス停は大昔は「船底橋」といっていたらしいです。

« 結局何だったの? | トップページ | 11月も終わり »

バス」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

自分も,「原団地前」が「原団地」となったことには,「いつの間に?」と思っていました。
あの辺りは「舟底町」でしたし,「舟底橋」も橋として残っていますが,バス停の改称は一応2回目となります。

原通りは,拡幅に伴い見晴らしが良くなった一方で,信号の新設,バス停の再整備,標識(原付の二段階右折等)の未整備も多いです。

原住民さん、こんにちは。
原二丁目にも「船底公園」残ってますね。

原通りは本当に拡幅前と比べて変わりましたね。
確かにまだ未整備な感じもあります。自転車専用レーンもまだ早良口~原団地までしか整備されていませんしね。
しかし、整備当初のあの赤い石がボロボロはがれる歩道の舗装が替えられたことには評価したいと思います。
バス停は、拡幅前と比べて行燈が減ったような気がします。
そのぶん道路全体が明るくなったので、行燈でなくてもいいかも知れませんが。
原や昭和新町のバス停、バステラスになりませんかね?

とか言いつつ、こうして原に住んであーだこーだ言えるのもあと少しです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174376/37737881

この記事へのトラックバック一覧です: 原団地:

« 結局何だったの? | トップページ | 11月も終わり »