フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 祝 80000アクセス | トップページ | 原団地 »

2010年10月31日 (日)

結局何だったの?

UDと三菱ふそうの合弁会社設立の件、白紙になったようです。

UDが三菱ふそうからOEM供給を受けて販売しているバスも販売中止に。だからといってUDでバスを自社生産できるかというと西工が解散したため無理。ということは…UDがバス事業から撤退するとみていいでしょう。

この一連の動きで、西工解散、そしてUD撤退という散々な結末になりそうです。

結局何だったんでしょうか。

UDがつくっていたPKG-RA274MAN(西鉄では9422~6265の大型一般路線車)は本当に高性能な車両です。加速はいいし、静かだし、乗り心地いいし、燃費も排気ガスもecoだし…

今後、西鉄はJバスだけになりそうですね。

そういえば、横浜ベイスターズの売却の件も結局何だったの?って感じです。

« 祝 80000アクセス | トップページ | 原団地 »

バス」カテゴリの記事

コメント

さきほど、両社のサイトのリリースを見ました。

両社のリリース文面を見る限りでは、ふそうはかなり前向きな表記を、一方UDは、かなり後ろ向きな表記をもって発表されているように感じました。

何やら「事業見通しと企業評価額について両社の考えが大きく異な」っていたのだそうですが…。

結果としてUDバス事業撤退ですか…非常に残念です。
西工も昨日付けで会社なくなっちゃったし…西工さえ残っていれば救いようがあったのですが…。
PKG-RA274MAN…これは今までにない本当に優秀な車両ですよね。
都市高速走行中はゆっくり寝てられるし…(笑)

そもそも、「合弁会社の設立」なんて、今となっては度の過ぎたことを考えた結果、こんな結末になったんでしょうね。

今後はJ-BUSばかりになる…なんか、個人的には最悪のシナリオだと考えています
(やっぱり、何度か乗ってもJ-BUSは乗りづらいものがあるからなぁ…)

ひろしさん、こんにちは。
両社の違いは、会社名にも表れているような気がします。
「三菱ふそうトラック・バス」と「UDトラックス」ですからね。
バスに対する気合いの入り具合が違います。
それはひろしさんがコメントされている通り、プレスリリースにも違いが出ていますね。
しかし、はたしてふそうは今後ダイムラーの力を借りるだけでいいのでしょうか。

>西工も昨日付けで会社なくなっちゃったし
そうなんですよね。昨日だったんです。
昨日「西工が解散「した」ため無理」と書いてしまいました。
昨日書いた時には気づきませんでした。。。

原地区にはまだJバスは一台も走っていませんが、今後増えるんでしょうね。
ちょっどゾクゾクです。
中央区に引っ越してからはもっとJバスに乗る機会が増えるでしょうけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174376/37468961

この記事へのトラックバック一覧です: 結局何だったの?:

« 祝 80000アクセス | トップページ | 原団地 »