フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

千代営業所

夏休みに入ってから1週間以上経ちました。ようやく更新です。

成績が返ってきたんですが、5が英語だけということで、勉強に励んでおります。

さて、ホリデーアクトパスの続きです。

5月16日は、400円分乗車。

総計 51220円

5月22日は、620円分乗車。

総計 51840円

5月23日は、400円分乗車。

総計 52240円

5月29日は、

脇山口→3博多駅→市役所北口 220円
市役所北口→61???→野間四角 220円
野間四角→52桧原→桧原三ツ角 240円
桧原三ツ角→12博多駅→六本松 300円

その他 420円

この日の合計 1400円

総計 53640円

5月30日は、320円分乗車。

総計 53960円

6月5日は、

天神北→25貝塚駅→千鳥橋 180円
千鳥橋→???→天神三丁目 180円

その他 620円

この日の合計 980円(ホワイトプランではありません)

総計 54960円

そう。千代営業所を撮影しに行ったんです。

Photo

廃止からあっという間に1か月。今はどうなったんでしょうか。

2010年7月17日 (土)

福岡200 か・【200】

ブログを開設して、もう少しで1年5か月が過ぎようとしています。

「夏休みに入る頃までに70000アクセス」は残念ながら達成できそうにないですが、おかげさまで、この記事が、なんと200記事目となります。

ブログを開設してから100記事到達まで246日。そして100記事到達から200記事到達まで263日。ちょっとペースが落ちています。意外と受験休みしてるんですね。

そこで、それにちなんで今回は…

5424

福岡200 か・200、なんと200を2つももつおめでたい車両、原のまほろば5424です。今回も100記事のときと同様、西鉄2335さんのご協力で撮影できました。実は、100記事到達直後に撮影しました(笑)

去年の終わりごろから、このブログは「旅の記録」がメインになってきました。私がホリデーアクトパスを購入してからはさらにそれが加速していきました。ホリデーアクトパスが切れてからずいぶん経ちますが、未だに利用記録の公開は5月の途中までで滞っていますねぇ…まずはこちらの方から頑張りたいと思います。

また、バス停の記事も増えたような気がします。特に行燈についての記事。

ところで、もう書かなくなってしまったカテゴリがあることに、皆さんはお気づきでしょうか。「放送部・アナウンス」です。実を言いますと、放送部は5月に辞めました。

更新回数が減ると、どうしても優先順位の高いバスの記事が多くなってしまい、このブログの趣旨からややずれているような気もします。これからは勉強の時間がさらに多くなりそうですが、更新回数をさらに減らしつつ、ブログを立て直していきたいと思います。一応、ご期待下さい。今後ともよろしくお願いします。

おまけ

200

久々に広げてみました、荒江線の幕。200番も入ってたりするんですよ。

2010年7月10日 (土)

いつの間にか終わってたんです

受験生ながら、こんなに更新間隔が開いたのは久しぶり、いや初めてのことかも?

さて、先月の27日にホリデーアクトパスは終わりました。いろいろありましたが、まあ一応全ての土日祝日に西鉄バスに乗ることができました。

で、利用記録の公開が滞っておりましたので、続けたいと思います。

5月5日、この時点ではまだホリデーアクトパスは返ってきていません。ですので、nimocaで113番などに960円分乗車。某市民プールで友人たちと遊びました。こどもの日は市民プールが無料なんですよね(中学生までだったかと)。ただしはしゃぎすぎて、係の人に怒られました…ごめんなさいっ!

5月8日、まだnimocaです。204番三陽高校行きなどに680円分乗車。

5月9日、まだやっぱりnimocaです。2番に160円分乗車。

5月15日。やっとホリデーアクトパスが返ってきました。開店したばかりのルミエール今宿店へ。

通町→急行九大伊都キャンパス→下青木 160円
姪浜駅南口→1 ??→野方(営業所) 210円

その他 420円

この日の合計 790円

総計 50820円

上青木から姪浜駅までは姪タクのバスに乗りました。

…さっき運賃調べるために時刻表に「片江一丁目」と入力して検索したら、

・西片江一丁目地区(旧長野町地区)
・片江一丁目
・西片江一丁目(旧長野町)
・西片江一丁目(13番専用)(旧長野町)

が出てきました。ちょっと回りくどいねぇ。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »