フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

バス停コードで一人旅(1)

2-9が5月10日にダイヤを微調整するようです。運転時分を見直し、朝ラッシュ時の所要時間が短縮されます。

あげ周防さんがブログで「時刻表シリーズ」を展開しておられます。Web時刻表でたまに出てくる奇妙なバグを取り上げられています。

記載されている奇妙な時刻表はどうやって出すのかと、私もいろいろ試行錯誤してみました。

その中で「バス停コード」に注目してみました(バス停コードはRiverside Houseさんも記事にしておられます)。バス停コードはバスナビを検索時に使うほか、バス停に貼られている時刻表の左上にも記されています。

で、Web時刻表のURLにもバス停コードがあります。http://jik.nnr.co.jp/cgi-bin/Tschedule/menu.exe?pwd=txt/menu.pwd&mod=A&to=&from=520390これは原の時刻表のURLですが、原のバス停コードは「520390」ということになります。

もっとも若いバス停コードは何か?ということで、いろいろやってみると、ここに行きつきました。

http://jik.nnr.co.jp/cgi-bin/Tschedule/menu.exe?pwd=txt/menu.pwd&mod=A&to=&from=121010

121010 「本町アパート前」です。

しかしこのURLにアクセスすると、「【本町アパート前】は降車専用バス停です。戻ってもう一度バス停を選択しなおしてください。」と表示されます。

この「本町アパート前」は、降車専用バス停でもなく、すでに西鉄バスには存在しないバス停になっています。

さらにいろいろやってみると…

121010 本町アパート前
121030 博多町入口
121050 延永農協前
121070 中津熊
121090 延永小学校
121110 吉国
121130 二塚
121150 長木
121170 小長田
121190 黒田
121210 黒田小学校
121230 新勝山
121250 黒田橋
121270 新町入口
121290 菩提
121310 新仲哀トンネル

これは、umi37さんのブログによると行橋駅に発着していた[34]系統のようです。現在は太陽交通に移管され、呉線として運行されています(新勝山と黒田橋の間に「採れたて市場」ができていますが)。

このように、URLのバス停コードの部分をいろいろいじってみると、廃止されたバス停にも行きつきます。

結局、あげ周防さんが出された時刻表の出し方にバス停コードは関係なかったわけですが。

(つづく)

2010年4月19日 (月)

nimocaの音

バスを降りるとき、nimocaを車載器にタッチすると音がします。

通常のnimoca(スターnimoca含む)は「ピピッ」という音です。

一般の区間定期券は「ピッ」という音です。

小児用nimocaは「ピヨッピヨッピヨッ」という音です。

エコルカードは「パッポン♪」という音です。

グランドパス65は「ポロロロロン♪」という音です。

これらは定期券を搭載したnimocaの種類が増えていくにつれ、運転士さんが区別をつけるためにパターンが増えました。

しかし、「ポロロロロン♪」という音がすると、65歳以上だと分かってしまうので、歳を隠したい人はグランドパスを敬遠するのではないかと思います。
せっかくの若づくりも台無しになりますから。

ただ、この音でnimocaの区別が聞く人は、相当西鉄バスに乗ってる人だけでしょうけどね。

というか、このブログで紹介した時点で分かる人が増えます(爆)

2010年4月18日 (日)

室住団地

Photo

ダイヤ改正初日。室住団地に初めて金武営業所のバスが乗り入れた(TOP画像にもなっています)。桜とも見事にマッチしている。

Photo_2

改正で新設された藤崎止は書かれていない。

Photo_3

降車場。一時期は影が薄かったが、近年活躍の機会が増えている。

2010年4月17日 (土)

素晴らしい!

しばらくホリデーアクトパス利用記録の公開が滞っていたのも、ちょっとわけがありました。

実は、22日は廃止になる1番博多駅行きに乗りました。その記事を書こうとしたのはすでに廃止になった後で、姪浜駅南口→博多駅の運賃が調べられませんでした。

それで、何とかしてこの区間の運賃が出せないかな…といろいろやってみました。

たどり着いたのは、「NJSN-D」(管理人:the Dipperさん)というサイトでした。

このサイトは、リニューアル作業につき更新をお休みされているようです。なら古い情報があるかも!と、期待がかかります。すると、簡易バス路線図の試作ページに、ありました!1番の運賃が!

というわけで、今日の記事はthe Dipperさんさまさまといわけです。本当に感謝しております。the Dipperさん、これからも頑張ってくださいね!

22日は、

姪浜駅南口→1博多駅→博多駅 400円
博多駅→17扇町→東光寺 190円
東光寺本町→44天神→柳橋 230円
柳橋→16片江→六本松 180円

その他 540円

この日の合計 1540円

総計 35940円

この日はダイヤ改正の5日前だというのに、東光寺のバス停には改正告知すらありませんでした。

2010年4月11日 (日)

祝 50000アクセス

みなさま、更新回数が減少する中、ご愛読ありがとうございます。

一昨日、当ブログは通算50000アクセスを達成しました!

なんと、40000アクセス達成から1か月を切りました!(30日)

かめっ太のおかげでもあるでしょうけど…

現在の1日あたりの平均アクセス数は120程です。

今回も、毎度、毎度の恒例企画として1月から4月10日までのアクセス解析を公開します。

※2010年4月12日…ランキングが一部おかしかったのでこっそり直しております。

人気ブログ記事ランキング

1位…「ホークスバスII」
2位…「とりあえず、判明分だけ」
3位…「ダイヤ改正特別ページ開設」

廃車とうわさされているホークスバス、堂々の1位です。2位、3位はアクセス増加のカギとなったダイヤ改正関連です。

リンク元ランキング

1位…ちょんびんさんのブログ
2位…TGWさんのブログ
3位…soramameさんのブログ
4位…Riverside Houseさんのブログ
5位…たくとんさんのブログ・サイト
6位…「バスサイト シーンビー」

ちょんびんさんダントツの1位です。割と入れ替わっています。

検索フレーズランキング

1位…都市高502
2位…西工 解散
3位…サンリブ 橋本

変化なしです。

曜日別訪問数

1位…日曜日
ワースト…土曜日

土曜日はページ閲覧数自体は最多です。

プロパイダランキング

1位…ocn
2位…home
3位…bbtec

2位と3位が入れ替わりました。

OSランキング

1位…Windows XP
2位…Windows Vista
3位…Windows NT(Windows 7?)

Windows 7と思われるものが急成長です。

ブラウザランキング

1位…IE8
2位…IE7
3位…IE6

IE8が急激に伸びました。YouTubeなどでサポートが終了したIE6から乗り替えられた方が多いのではと推測しています。

アクセス地域ランキング

1位…福岡
2位…東京
3位…神奈川

今後ともよろしくお願いします!

2010年4月 7日 (水)

早い始業式

おとといは始業式でした。5日が始業式なんて、早いなぁ…今日が始業式だった地域もたくさんあるのに…

私の学校ではこれまで、例えば1年生を受け持っていた先生は、生徒と一緒にそのまま2年生にいく、というのが通例でした。それはそれで弊害もあるでしょうし、このようなシステムでない学校の方が多いと思います。

で、先日3年生に進級したわけですが、3年生の先生方のメンバーの中で、今までに習った先生が僅かしかいません。つまり、今年から私の学校も、昨年度の学年に関係なく先生がバラけるシステムに変わったのです。

まあ、未知の先生に習うというのは、ワクワクすることでもありますよね。

明日は、かわいいかわいい1年生が入ってくる入学式です。昨年同様、私も出席します。

おまけ

E

博多駅のEのりば。「博多E」ってねぇ…

2010年4月 1日 (木)

バスカードリーダー販売

※この記事の内容は全て2010年4月1日の企画です。

今日から西鉄バスでバスカードが使えなくなります。

私が見た限り、全ての車両のカードリーダーがすでに撤去されていました。

撤去されたカードリーダーはどうなるのかな?と思ったら…

http://www.nishitetsu.co.jp/release/2010/66_565c.pdf

なんと、撤去したカードリーダー全てを、一般に販売するとのことです!

しかも、各販売会場にてDC24Vの電源を先着20名に配布するようです。

いや~、機械好きの私にとっては、たまらんですな~

撤去されたカードリーダーは何千台とあるでしょうから、これ全部を販売するとなると、西鉄も相当な収益が得られるでしょうね。

※この記事の投稿日付を必ずご確認ください。この記事についての責任は私にありますので、くれぐれも西鉄に問い合わせたりしないようお願いします。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »