フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« とりあえず、502は安泰? | トップページ | 原通り »

2010年3月 6日 (土)

賀茂線の歴史をたどる

(昨日のつづき)

このほか、2-9賀茂~藤崎線が福岡地区唯一の全廃路線としてリストに含まれている。

この路線は、昔というほど昔ではなく、最近というほど最近ではない頃(??)に209 四箇田団地~田隈新町~田隈四角~賀茂四角~原~六本松~天神として運行開始した。

soramameさんのブログによればいろいろな事情で運行開始されたようだが、当初から利用者はあまり多くなかったらしい。

また、晩年までこの209番には中央ふ頭行きがあり、過去から現在に至るまで国体道路経由の中央ふ頭行きはこの209番だけではないかと思われる。

さて、21世紀に入ると209番はラッシュ時のみの運行となり、代わりに2-9 四箇田団地~田隈新町~田隈四角~賀茂四角~原~藤崎という路線が新設された。

その頃は、四箇田の小さきエース6601を始め6607、6620などのスペースランナーが運行にあたっていた。

やがて、それらも廃車になり代わりに52XXのスロープ付車が転属してきた。

2005年に賀茂から天神に直通する地下鉄七隈線が開業。これにより209番は廃止となり、2-9は賀茂駅経由に変更、田隈四角経由は免許維持路線となった。

この賀茂駅経由は、できたばかりの道路を通って次郎丸六丁目・歯科大総合病院前も経由している。

この頃に運行にあたっていた52XXは金武車庫(現・金武営業所)に転属した。

そして、2007年に新車2260~2263に置き換えられ52XXは地方に飛ばされた。同時に賀茂線から方向幕が消えた。

2008年には田隈四角経由が完全廃止され、2009年には現在のような形に変更された(詳細はコチラを参照)。これにより、2260は博多に転属した(現在はKUMONラッピングが施され、都心循環線に入っている)。

それでも乗客は少なく、それは私から見ても明らかに少ない。定時性が確保するのが困難なダイヤが原因なのかもしれないが。

ちなみに、近年四箇田・金武では中型は賀茂線でしか運行していなかったが、昨年末から中型が2/201/501番などに入ることが多くなった。

ここまで書いて、結局「何のための路線だったのか」という疑問が残る。

Photo

一番左にあるのは昨年新設されたばかりの2-9賀茂駅行きだが、早くもにじんでいる。

_____

そういえば、今日原交差点に「原通り」の標識ができてました。

※2010年3月8日内容補充

« とりあえず、502は安泰? | トップページ | 原通り »

バス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174376/33659797

この記事へのトラックバック一覧です: 賀茂線の歴史をたどる:

« とりあえず、502は安泰? | トップページ | 原通り »