フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« バス200台使われない理由/中 | トップページ | 告II »

2010年2月 5日 (金)

西鉄久留米100円(1)

西日本鉄道は先月20日、井尻駅、姪浜駅周辺で100円区間を2010年3月27日朝から160円に値上げすることを発表した。

また、福岡市以外でも西鉄二日市駅、西鉄久留米駅周辺でも同様の値上げを行う。

というわけで、先日久留米に行ったついでに、写真を撮った。

さらに、というわけで、ホリデーアクトパスの利用記録。

11日は、

早良口→1姪浜駅南口→姪浜駅北口 160円
名柄団地→303博多駅→中央市民プール 260円
中央市民プール→68博多駅→那の津口 220円

その他 490円

この日の合計 1130円

総計 8390円

68番は臨時だった。中央市民プール~港二丁目間は初乗車。

16日は、

西新パレス前→特快3博多駅→天神福銀前 220円

その他 460円

この日の合計 680円

総計 9070円

17日は、

キャナルシティ博多前→113博多駅→六本松 220円

その他 950円

この日の合計 1170円

総計 10240円

23日は、

西鉄久留米→you me→五穀神社前 100円
西鉄久留米→50JR久留米駅→六ツ門 100円
西鉄久留米→高速→福岡空港第一 600円(600円分乗車券現金で購入)
福岡空港→39博多駅→博多駅 250円
博多駅→114金山団地・片江→六本松 220円

その他 520円

この日の合計 1790円

総計 12030円

ついに元が取れた!

Photo

「ごこくじんじゃ(まえ)」。福岡市内にも同じ読みのバス停「護国神社(前)」がある。

Photo_2

あまりにも「100円バスのりば」を主張しすぎていて、むなしくなってくる…

Photo_3

こっちは大したことなし。

しかし、考えてみると西鉄久留米の場合100円エリアが狭く(狭いといってもどこの100円バス実施駅でも駅から約1km圏内が100円エリアということになっているので、おそらく気のせいだろうが)、歩いても大丈夫な距離のように思えてしまう。だから、100円バスは必要ないということなのだろう。

「西鉄久留米駅まで100円」と書かれているバス停はまだまだある。久留米にまた行く機会があれば、ぜひ写真を撮った上で当ブログで取り上げたい。

« バス200台使われない理由/中 | トップページ | 告II »

バス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今回の値上げは、収支改善という面では不合理ではなさそうですね…………。
ただ、値上げし過ぎると客離れが進んで逆効果ですよね。ホリデーアクトパスで改善されるという期待もありますが、久留米都心部限定でフリー乗車券でも発売すれば、積極的にバスを利用する人が増えるのかもしれません。

西鉄2335さん、こんにちは。
今回の分は確かに不合理ではなさそうです。
西鉄は今まで値上げで苦しい経験を何度もしてきたことだろうと思いますから、今回はあえて100円バスの廃止をして見たという感じでしょうね。
久留米市内もなかなかのバス王国で、おっしゃる通りフリー乗車券も需要があるかもしれませんね。

駅から駅まで100円の一部廃止ですが、西鉄久留米駅基点の廃止は少し痛い感じがします。
特に六ツ門までは、買い物客などの利用が多かったような…?
とはいえ、あのあたりは井筒屋もダイエーもなくなり、いまは本当にさびしくなってしまってますから、やむなしという感じでしょうか。

西鉄二日市駅の場合はかなり痛い感じです。
第一経済大学・JR二日市(・二日市温泉)など、需要はいまだ高いはずなんですがね…。

一方、井尻駅の方は近辺の渋滞がひどく乗客が少ないこと、姪浜駅も意外と当該区間の乗客が少ないのが廃止の理由かと思われるので、これは確かに不合理ではないと思います。

今後の収支の状況によっては、もしかしたら、駅から駅まで100円制度自体の廃止もあり得ない訳ではなく、とても心配です…。

西鉄久留米を起点とした100円区間は、私はさほど恩恵を受けられなかったのですが、なくなるとなるとちょっと残念にも思えます。

井筒屋のある六ツ門から西鉄久留米までも100円でしたが、こっちは意外に100円にしても効果がなかったのだそうです。
西鉄久留米を超えると100円にならなかったからというのが大きいようです。
井筒屋に行く人は通常、郊外から乗ってきた便を西鉄久留米を超えて六ツ門まで乗車していたので、西鉄久留米から…というのでは効果が上がらないんですよね。

逆に、最近人口が増え始めた諏訪野町五丁目周辺からは100円バスのおかげで乗客数も安定していたのですが、廃止されたらどうなることやら…という感じです。
個人的には、JR久留米駅から西鉄久留米までを100円区間に設定して、それ以外はそのままという方がまだ便利だったような気もします。

Salam817様のコメントを見て…

>六ツ門から西鉄久留米までも100円でしたが~効果がなかった
そうだったんですね~。
そういう事情だったとは知りませんでした。

ということは、久留米地区での100円バスは、諏訪野町地区からのものを除いて、
結果として不発だった…と見てよろしいんでしょうかね?

>JR久留米駅から西鉄久留米までを100円区間~それ以外はそのまま
全く同感です。
実際この2駅間、行き来する人は結構多いのでは?

ひろしさん、こんにちは。
確かに、六ツ門周辺は井筒屋やダイエーの跡ビルが寂しい風情を街に醸し出していました。

久留米はともかく、二日市・姪浜・井尻は、周辺にバス停が多すぎるような気がします。
二日市は西口や東口、姪浜は姪浜(折り返し場や西鉄ストア前など)と北口と南口、井尻は井尻駅、井尻駅前や井尻交差点、井尻六ツ角など、役割分担がうまくできてないようにも思えます。

最近の西鉄は、ホリデーアクトパスなどの定期券サービスを充実させて、通常運賃を安くしない傾向にあるようですね。
定期券でバスの固定客を増やすという思惑でしょう。

salam817さん、こんにちは。
なるほど、やはり区間が短すぎたんですね。
おっしゃる通り、「駅から駅まで」というノリで西鉄~JRを結んだほうがよさそうです。

結論として、諏訪野町五丁目周辺を除き、今回のサービス廃止はさほど影響はなさそうです。

返信遅れまして申し訳ありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174376/33098597

この記事へのトラックバック一覧です: 西鉄久留米100円(1):

« バス200台使われない理由/中 | トップページ | 告II »